ズームアップ!技術派企業 東朋テクノロジーグローバル展開を推進ハード・ソフト活かす

2011年5月25日

【名古屋】NC工作機械制御、物流・仕分システム、原子炉向け焼却設備関連制御盤、凍結乾燥装置制御盤、太陽光パネル制御、蓄電池システム関連、自動車生産システムなど数々の制御システムを幅広く手掛けているのが東朋テクノロジーだ。 これらの制御技術を活かし、電子基板、ソフトウェアなどと組み合わせたシステムを一括して顧客に提供している。 メカトロニクスを支える制御技術は、同社の前身、東朋製作所が1969年に自動制御盤の製造を開始したところから始まる。その後、基板開発、ソフト開発などに進出して事業を拡大、現在は多重伝送装置を組み込んだ生産指示システム、ピッキングシステム、リフト呼出システムなどの自動車生産シ…