光電・近接センサ主要各社の重点製品 マコメ研究所「非接触4chシグナルカプラ」障害物の影響受けず伝送

磁気センサー・磁気応用製品の大手メーカーであるマコメ研究所は、メンテナンスフリーをコンセプトに独自開発の高感度・高信頼性の磁気検出素子「可飽和コイル」の技術を活かした製品を開発しており、無人搬送車用磁気センサー、リニアスケール、リニア変位センサーなどで高い市場シェアを誇っている。また、個性的かつ技術的難易度の高い製品を開発する研究会社としても知られている。

非接触4chシグナルカプラST―3726Eもユーザーの要請で開発した製品のひとつ。この製品は発振部と検波部をそれぞれ送信器、受信器として用い、4chの信号を伝達する。送信方法に電磁誘導方式を採用しているため、汚れや非金属障害物があっても確実に信号を送受信でき、粉塵、雨水などに強い構造になっている。高い安全性を求める分野で好評であり、無人搬送車やゴルフカート、有軌台車、壁やガラス越し、密閉装置などへの信号伝達に最適である。

最大伝達距離は200ミリ、電源電圧はDC10~30V。その他の仕様の製作も可能である。
(http://www.macome.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG