堅調な動き示す産業用トランス市場 主力用途中心に旺盛な引き合い 震災復旧・復興関連の需要も活発化 再生可能エネルギーなど新分野に注目接続方法の簡易化で作業性向上

2011年5月18日

産業用トランス市場は、FA分野、ロボット・工作機械分野、医療機器分野、防災機器分野、IT分野、発電関係、アミューズメントなど幅広い市場に支えられ、堅調な動きを見せている。東日本大震災後の復旧・復興需要も徐々に出はじめており、今後、さらに拡大する可能性もある。製品面では軽量・コンパクト化が進み、ねじアップ式端子台タイプ、通電時LED表示タイプ、事故再発防止トランスなど新しい機能を持つ製品が伸長しており、金型レスのプリプレグ方式モールドトランスの需要も増えている。また、特注品の比率が高まっているほか、電力関連を中心に大容量大型トランスの需要も高まっている。一方、トランスの主原材料である銅や鉄、樹脂…