誘導雷による電源遮断を回避 河村電器産業ブレーカを自動復帰無線システム用電源盤発売

2011年5月18日

【名古屋】河村電器産業(愛知県瀬戸市暁町3―86、TEL0561―86―8111、河村幸俊社長)は、自動復帰ブレーカ内蔵により、誘導雷などによるブレーカのトリップを検知し、自動で再投入する「無線システム用電源盤」=写真=を発売した。 これを使用すると、ブレーカのトリップを自動的に復旧できるため、緊急時でも現場に急行する必要がなくなり、復旧処理の作業時間と作業経費が削減できる。無線システム機器を雷サージから守る耐雷トランスの盤内設置も可能。 また、高所での施工性と設置スペースを考慮した軽量・コンパクト設計になっている。 自動復帰ブレーカは、再投入開始時間を5、10、30、60秒のどれかに設定でき…