Check !!

東研長距離を一括読み取りUHF対応ハンディターミナル発売

自動認識装置大手の東研(春山安成社長)は、長距離で一括読み取りに威力を発揮するWindowsCE搭載UHF対応「ハンディターミナルIU―9061」=写真=を発売した。パレットやコンテナなどの大物やアパレルなどの多品種多量製品へのUHFタグの採用を広げる携帯型スキャナーとして期待される。

RF―IDタグは年々採用が増えている。2009年には23億5000万個の販売が推定されているが、現在はSuicaやパスモ、社員ICカードなどが主流で通信距離が接触から数10センチと短いHF帯タグが採用されている。

しかし、パレットやケースなどにもRF―IDタグが普及段階を迎え、数メートルの長距離通信が可能なUHF帯タグを、その場で読み取れる携帯型スキャナーが求められていた。

新発売のWindowsCE搭載UHF対応ハンディターミナルIU―9061は、UHF帯の特徴を最大に活かすため高出力/円偏波タイプの通信仕様となっており、タグのロングレンジでの一括読み取りが可能である。

UHF帯タグだけでなくバーコード、2次元コードにも対応できる。

主な特徴は(1)PDAタイプは3・5インチのタッチパネル液晶を搭載し、液晶に傾斜を与えて視認性と使い易さを向上させている(2)標準装備のガングリップを装着することで、長時間の作業でも疲れない(3)拡張バッテリーにより連続18時間の使用が可能(4)省エネ設計など。

インターフェースは、無線LAN802・11b/g、BluetoothVer2・0、MicroSDと多彩。最小分解能0・19ミリ(1D)・0・21ミリ(2D)、本体重量約422グラム、外形寸法W85×H214×D166ミリ。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG