Check !!

受賞者5人発表ドイツ・イノベーション・アワード

「第3回ドイツ・イノベーション・アワード
ゴットフリード・ワグネル賞2010」の受賞者5人が発表され授与式が行われた。

1等賞は「細胞治療を助ける化合物の開発」に関する研究を行った京都大学物質―細胞統合システム拠点教授上杉志成氏で、賞金400万円と、副賞としてドイツ学術交流会(DAAD)により、最長2カ月間のドイツの大学または研究機関での研究活動のための助成金が授与された。

2等賞は「原子レベル制御による金属酸化物界面の創製と高移動度電子デバイス応用」研究を行った東京工業大学大学院理工学研究科教授大友明氏、3等賞は東京大学分子細胞生物学研究所准教授竹内純氏、独立行政法人物質・材料研究機構独立研究者樋口昌芳氏、東京大学大学院工学系研究科准教授八井崇氏の3人。

この賞は、在日ドイツ商工会議所とドイツ企業12社の共同プロジェクトとして、日本の若手研究者支援と科学技術振興、そして日独の産学連携ネットワーク構築を目的に、08年に創設された。日本の大学・研究機関に所属する45歳以下の若手研究者で、今回は全国36の大学・研究機関から81件の応募があった。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG