国内外で役割高まるFA・制御機器商社 環境・新エネ市場開拓を加速受注先行で供給回復後に大きな期待関東地区

2011年4月27日

関東地区のFA・制御機器流通市場は、11年3月期売り上げは昨年度に続き前年度を更新する勢いで推移していたが、今回の東日本大震災で急ブレーキが掛かった。現状では3月期決算の商社震災の影響は軽微であるが、今年度以降への不安感を強めている。 現状は受注先行で、「日ごとに受注が増加している」(東京・秋葉原の大手制御機器商社)の言葉に代表されるように、受注は増えるものの販売するものが限られ、売り上げ計上が思うように出来ないのが実状だ。今後、仕入れ先メーカーの生産がどこまで回復するかの動向に注視しているが、5月の連休明け頃までには、状況判別がはっきりするものと思われる。従って今は、販売製品が整うことと、販…