混沌時代の販売情報力疑問を持つことが好奇心を育む

2011年4月27日

「必要は発明の母」という言葉がある。人は不便を感じると、あれこれ工夫を重ねて何とか成し遂げる。家庭には多くの種類の仕事があり、主婦は一日中大変忙しい時間を過ごしている。少しでも速く、少しでも効率よく仕事を終わらせないと、仕事が残っていく。だから何とか速く、効率よくやれる方法がないかと、いろいろと試行錯誤してやっているうちに上手くいくようになる。上手くいかない時でも忙しく手を動かしながら、無意識の中で考えている。そして、ある時ふと思いつく。主婦が特許を取って、結構な稼ぎをしているのは衆知の通りである。 街の発明家がいろいろ特許を申請しているが、主婦のように稼いでいるかどうかわからない。主婦の方に…