電力デマンド監視システムでコスト低減 電力パルス検出器でピーク値を測定電気使用量平均化で基本料金抑制

各方面で色々な省エネ活動が取り組まれているが、電力の使用量を減らす動きも強まっている。各種電子機器の低消費電力化が進み、以前に比べ、個々の電子機器は省エネ化が進んでいるものの、一方では電子機器・装置の増加で設備全体の電力使用量はむしろ増加傾向にある。電力使用の実態を「見える化」する方策は各種提案されており、使用実態に合わせて選択がすることができる。

その中でも、最も簡単に導入でき、投資コストも抑えることができる手法の1つが、電力使用のデマンド監視だ。

デマンド監視とは、電力使用時のピーク値(最大デマンド値)を抑えることで、電気使用量の平均化を図り、電気の基本料金を下げるもの。

電力会社はデマンド計を利用して30分ごとの平均使用電力を記録し、その中のピーク値(最大デマンド値)を基本料金の基準値としている(500kW未満の実量値契約の場合)。わずか30分間の最大瞬間電力で、1年間の基本料金(契約電力)が決まってしまうため1度でもピーク値が高くなると、その後1年間はいくらスイッチを、こまめに切っても節約効果はあまり期待できないことから、ピーク値を抑えて基本料金を下げることが重要になる。

なお、契約電力が500kW以上の場合は電力会社との交渉で基本料金が決まる。
(図1)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG