FA関連機器の MEMS/測域センサのアプリ期待FAセンサ

FA用センサは、制御機器の中核をなす製品で、FA分野以外にも市場が拡大している。

FAセンサの中でシェアが高い光電センサは、LEDや半導体レーザを光源にした非接触センサ。長距離検出には透過型が最適で、回帰反射型は配線工数や設置工数が半減できるメリットがある。FA分野では、超小型ヘッドで取り付けスペースが小さく微小物体も検出する光ファイバー式アンプ分離型の需要が多い。半導体や液晶製造装置では、高精度でローコストなことから光電センサの使用が増加している。3品業界では製品安全対策の観点から、用途限定センサなどの需要が高まっている。

近接センサは耐環境性に優れ、工作機械やロボット向けなどを中心に需要が高く、光電センサとは異なった市場・用途を形成している。検出距離300ミリ対応や、使用温度120度の耐熱性タイプもある。

エリアセンサやマットスイッチ、ライトカーテンなどの安全対策用センサは、安全重視の観点から需要が拡大している。

また、回転角変位をデジタル量に変換するロータリーエンコーダや、自動車や外食産業にも採用が広がるレベルセンサ、さらに安全重視の観点からフットスイッチの需要も伸長している。測域センサは、長距離・高感度の検出が可能で知能ロボット向けにの採用が進むほか、立体駐車場や、トンネル前の車両の高さ検知など様々な分野に採用が拡大している。

一方、MEMS技術を応用したセンサでは、フローセンサ、加速度センサ、非接触温度センサなどが登場し、アプリケーションが拡大している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG