堅調な回復見せる操作用スイッチ市場 半導体製造や電子部品実装装置、工作機械、ロボット分野が牽引 新エネルギーや社会インフラ関連の新市場に期待 用途別に特注仕様の取り組み活発

2011年4月20日

タクティルスイッチはプリント基板に直付けし、シートキーボードスイッチやパネルスイッチなどと組み合わせて使用することが多く、特に携帯電話の多機能化に伴う需要が急増している。低背化、インチピッチを採用した端子が特徴で、丸洗い可能な密閉構造や照光タイプなどもあり、約0・5ミリのショートストロークながら確実な操作感が得られる。今後は、LED採用の照光式タクティルスイッチの需要が増えるだろう。 DIPスイッチやデジタルスイッチは、パソコンやOA・情報・通信機器などで多く使われ、操作頻度があまり多くない用途で採用される。ハーフピッチサイズでSMTに対応したタイプが徐々に浸透して、主流になりつつある。DIP…