鳥居電業点から線へ、川上から川下へ営業変革池田茂新社長が今期の方針を語る

2011年4月20日

大手制御機器商社の鳥居電業(東京都千代田区外神田2―10―9、TEL03―3253―7571)は、4月1日から梶原茂樹社長が会長に就任し、池田茂常務・営業本部長が社長に昇格した。また、鳥居和久常務取締役・営業推進本部長が専務に、池井裕之取締役・管理本部長が常務にそれぞれ昇格し、新たな経営体制を実質的にスタートさせている。 池田新社長に今後の経営方針などを聞いた。池田社長は「海外に顧客がシフトする中で、営業も点から線で展開していく必要がある。商品もコンポだけでなくカスタム化、ユニット化などにより、価格以外での付加価値を高めていきたい」などと語った。 ―新社長としてどのような経営を考えていますか。…