Check !!

政府などが放射線測定対策へ輸出品のデータ証明書発行

アジア、ヨーロッパで日本から輸出される工業材料や工業製品に対する放射線測定要請に対し、日本政府や産業界がその対策に乗り出した。

中国、台湾や欧州では日本からの輸出品は全てが放射線に汚染されているとの見方が出ており、放射線データの添付を要求し、不添付のものは荷降ろしされないケースもある。政府はこうした事態を重視し、国土交通省が輸出用コンテナの放射線量を測定しそのレベルを証明することを決定。

国土交通省は東京港、横浜港からの輸出用コンテナの放射線を測定し、その数値から問題のないことを示す証明書を発行する。そのためのガイドラインを近くまとめる方針である。

産業界でも対策に乗り出した。日本商工会議所は、非放射能汚染に関する証明への対応について声明を出した。内容は「商工会議所は検査機関ではないので輸出貨物が汚染されていないことの証明書は発給できないが、貿易証明業務を取り扱っている商工会議所においては、客観的な事実を記載した申請者の自己宣誓文に対する『サイン証明』を発給することは可能である」としている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG