PLC、インバータ、電源などに供給不安 カスタムIC、コンデンサーの工場被災受注大幅増加ながら、先行き不透明 海外部品の代替え検討の動きも

2011年4月20日

東日本大震災から1カ月が経過したが、半導体、コンデンサー、電線、コネクタなどの工場で大きな被害が出ており、FA・制御機器、電子部品などへの影響が出始めている。これらのメーカーは当面在庫品で生産を継続しているが、カスタム半導体などは7月頃まで生産再開が難しいと言われており、各方面に大きな波紋を与えそうだ。 震災のあった3月の売り上げは、メーカー、商社とも大きな影響は出ておらず、ほぼ計画通りに推移したところが多い。しかし、日が経つにつれ予想以上に被害が大きいことが判明、加えて4月7日の余震で再び生産がストップした工場も多い。 東北地方は制御機器の工場は比較的少ないものの、電子部品メーカーやその協力…