分岐点

2011年4月20日

「水」は生物の命の源泉であるといわれる。胎内の羊水で人の生命が育まれる。電気もまた、水でおこされる。福島原子力発電所の放射能漏れで俄然、復水器が注目されるようになった。蒸気を水に変える復水器の水がなくなるとタービンを回すことができなくなるため、発電所には設置されている。 東日本大震災による被害は、全国の製造業にまで及んでいる。必要な数量だけ必要な時に供給する生産体制において、一種の「水」の循環システムが機能しなくなり、ものづくりが途絶えた。品切れは素材から部品、機器へ、そして最終完成品にまで及び、正常化するまでに、数カ月を要する製品もあるといわれる。 生産のカンバン方式そのものは効率化に凄い力…