Check !!

東日本震災の業界情報

<4月6日>

日東工業
グループ会社の東北日東工業(岩手県花巻市)は、一部損傷を受けた建物、機械設備などが殆ど復旧し、生産を再開した。仙台営業所、郡山営業所、つくば営業所も大きな被害はなく、営業活動を再開している。グループの従業員については全員安否を確認できており、人的被害はない。また、今回の地震による同社グループの被害額は総じて軽微である。

<3月31日>

スワロー電機
仙台出張所は、通常通り営業を行っている。

<3月30日>

ネミコン
白河工場(福島県白河市)は3月22日から操業を開始し、ほぼ通常通りの生産を行っている。納期面で物流インフラ関係の影響が多少残っている。

日本電設工業協会
5月25日から3日間、東京ビッグサイトで開催予定の「2011電設工業展」は、電設業界が経済・産業活動を支える重要なライフラインを担う業界であることから、電設工業展を通じて改めて電気設備の重要性をアピール。また、今回の震災の復旧・復興に貢献していこうということで、日程通り実施することを確認した。また、電設工業展の収益の一部を被災地域に対する義援金とするほか、会場では被災地への募金活動等も行う予定。

MEDTECJapan2011
4月20、21日にパシフィコ横浜で開催予定の医療機器の製造・設計展「MEDTECJapan2011」の開催を6月29、30日に延期。

<3月29日>

山武
グループでLA事業のうち、水道メーター、ガスメーターの製造・販売を行っている金門製作所は、原町工場(福島県南相馬市)が福島第一原子力発電所から30km圏内に位置するため、現在も工場を閉鎖し、操業を停止している。

また、東北地方にある金門製作所の他の4工場は、青森製作所(青森市)が3月22日から、白沢工場(福島県本宮市)及び南郷工場(福島県南会津郡)は3月23日から操業を再開している。

さらに、白河精機(福島県白河市)は3月22日から一部操業を再開している。

安川電機
東日本大震災により被災した自治体の水処理設備約70カ所の復旧支援作業を、同社東北営業所(仙台市)を中心に開始した。

新たに岩手県北上市に事務所を設置し、そこを拠点に東北営業所と併せて、技術員約10名を派遣した。現地の調査・復旧活動を早急に行うとともに、被災地の社会インフラの早期復旧に当たる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG