本体重量を大幅に軽量化 安川電機設置場所の制約を解消小型機器向け塗装ロボット発売

2011年4月13日

安川電機は、携帯電話やパソコン、家電機器などの小さな製品・部品の塗装向けのロボット「MOTOMAN―EPX1250」=写真=を、4月1日から発売した。価格は408万5000円(税込み)からで、ロボット本体、コントローラ、ロボット操作ボックス。年間300台の販売を計画。 新製品は、アルミ等の軽量素材を多用することでロボット本体重量を110キログラムと軽量化し、ロボットを壁掛け・天吊り設置する場合に必要な設置面の強度確保を容易にした。これにより、塗装ブース内の最適位置にロボットを設置でき、塗装ブースの小型化や、これに伴う塗装ブースの空調設備の簡略化など、設備投資を抑えることが可能。 また、ロボット…