Check !!

オムロン社会システム事業分社化ワンストップ提供で開始

オムロンは、4月1日から社会システム事業を強化するため、「オムロンソーシアルソリューションズ」(東京都港区港南2―3―13、TEL03―6718―3702、近藤喜一郎社長、OSS)の事業を開始し
た。

OSSは、オムロンが2009年2月から取り組んでいる構造改革の一環として、社会システム事業を分社化し設立する100%出資の子会社。

同社の社会システム事業は、社会課題からソーシャルニーズを先取りし解決することで、より良い社会づくりに貢献する事業を数多く創出してきた。世界初の無人改札システムを実現した自動改札機や自動券売機などの鉄道向けシステム、交通管制システムなど道路交通向けシステムがその代表例である。

近年は従来の利便性や効率化といったニーズに加え、安心、安全に関わるニーズが急速に拡大。

さらに、世界的な社会課題として環境に関するニーズも大きくクローズアップされている。OSSではこうしたソーシャルニーズの変化を今後の成長機会として的確に捉え、安心・安全・環境領域においても、より一層社会に貢献していく方針である。

具体的には、傘下の事業会社を含めたOSSグループの運営を一体化。コンサルティングからセンシング機器をはじめ、システム構築・保守・運用・サービスに至るまでのバリューチェーンをワンストップで提供する。さらに、オムロンのコアコンピタンスである「センシング&コントロール技術」を強みに、社会に驚きと感動を提供するソリューションイノベーターを目指し、事業成長を加速させていく。

なお、OSSは資本金50億円、従業員645人でスタート。主な事業内容は、顧客の経営課題に関するコンポ・システム・サービスのトータルソリューション提供。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG