オプテックス・エフエー三菱のシーケンサと接続変位センサ用ソフト公開

オプテックス・エフエー(小國勇社長)は、同社のレーザ変位センサ「CD5シリーズ」=写真=と、三菱電機のシーケンサ「MELSEC―Qシリーズ」との接続用エンジニアリングソフトウェアを、同社ホームページで無料公開を開始した。同社では、今後変位センサ以外でも三菱電機のシーケンサと簡単に接続できる製品を発売する予定で、三菱電機との協業を進めていく。

同社は、三菱電機との協業により同社のMELSEC―QシリーズのCPUを使用し、CD5シリーズを制御する接続用のエンジニアリングソフトウェアを3種類開発してきた。

今回、MELSECシリーズ専用の統合プログラミングツール「GX
Developer」で使用可能なサンプルプログラム集のサンプルラダーと、三菱電機のシーケンスプログラム内で繰り返し使用する回路ブロックを部品化し、プログラム内で流用化できるようにしたFB(ファンクションブロック)ライブラリを先行リリース。このほどパートナーメーカーとして、初めて通信プロトコルライブラリをリリースした。

これによりCD5シリーズは、アンプユニットを使用することなく、直接センサヘッドをシーケンサで制御できるようになった。ユーザーは、簡単な設定で測定値の読み出しや書き込みが可能となる。

接続は、MELSEC―Qシリーズに、シリアルコミュニケーションユニット「QJ71C24N(―R4)」を装着し、CD5のセンサヘッドとRS―422方式で通信を行う。

3種類のエンジニアリングソフトウェアは、三菱電機と同社双方のホームページで無料ダウンロードできる。さらに、同社では三菱電機の表示器「GOTシリーズ」で簡単操作・設定が行える画面サンプルプログラムも用意している。

同社では今後、変位センサ以外でも、三菱電機シーケンサと簡単接続できる製品を増やしていく予定で、同社の関係会社であるジック製のバーコードリーダなどの販売を予定している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG