Check !!

HMSインダストリアルネットワーク社PROFIenergy通信モジュールに対応

スウェーデンのHMSインダストリアルネットワークス社は、このほど組み込みProfinetの通信モジュールをPROFIenergyプロファイルサーバーに統合した製品=写真=を発表した。この発表で同社は、自動車メーカー(アウディ、BMW、ダイムラー、ポルシェ、フォルクスワーゲン)のAIDAグループが行う工場のエネルギー削減活動をサポートする。

新モジュールは、自動化装置メーカーがPROFIenergy規格に従ってエネルギー制御機能をその装置に搭載するための最も速く簡単な方法を提案。標準化したPROFIenergyコマンドによって、中央のコントローラが生産停止している間は、各種異なるメーカーの自動化システムを、簡単かつ安全に待機モードに切り替えることができる。これによって生産工程に必要な電気エネルギーの最大40%を削減でき、省エネ化によるCO2の排出を減らすことが可能。PROFIenergyサーバーは、Anybus―CompactCom
ProfinetのI/Oモジュールのファームウェアで実行され、ProfinetネットワークのクラスBに準拠、このモジュールはProfinetのI/Oデバイスのように動作する。

また、高速の2ポートスイッチを備えており、高価な外部スイッチがなくてもライン構成の中にProfinetを繋げ、統合されたプロファイルサーバーが自動化装置の電子回路に向けたPROFIenergyのハードウェア・ソフトウェアのインターフェースにできる。しかも、PROFIenergy規格に完全に準拠することで、自動化に必要な開発作業を可能な限り減らせる。

さらに、PROFIenergy
CompactComモジュールのサポートを取り込むと、相互に交換可能なプラグイン通信モジュールであるAnybus―CompactComファミリの一部として、ProfibusやDeviceNet、CC―Link、CANopen、
Profinet、EtherCAT、MODBUS―TCP、SercosIIIなどにも対応できる。

Anybus―CompactComモジュールの形状は、スリムでほぼコンパクトフラッシュカード大で、モジュールのコアは、HMSのNP30ネットワークマイクロプロセッサ、高速イーサネットコントローラとRAM、フラッシュメモリを集積している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG