JEPIA日韓企業の事業交流へKJガーデンと相互協力

日本電子機器輸入協会(JEPIA、中上崇会長)はこのほど、日韓貿易のKJガーデン(ソウル市、李壕植代表理事)と相互の事業で協力する覚書を締結した。

JEPIAはエレクトロニクス関連の貿易商社団体。会員の新規ビジネスの参入支援へ産学官連携、海外連携に取り組んでいる。特に、韓国、香港、台湾などアジアとの連携を深めている。

KJガーデンは、日韓貿易の促進へ日韓中小企業の交流のためのネットワーク作りを進めている。

今回の事業協力は、日韓のエレクトロニクス産業を始め関連産業の経済交流を促進するために覚書を結んだもので、両者が保有する情報の提供、ネットワークの共有などの相互協力を行う。

そのため、日本と韓国の関連団体間(協会、財団、公共機関など)や学界間の経済交流、友好促進に取り組む。特に、KJガーデンが推進する韓国と日本企業間及び産学連携による共同R&D、両国間技術者研修、退役技術者の就業斡旋、インターンシッププログラム、国際展示会などに相互協力していく。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG