分岐点

被災地の皆様へ心より御見舞い申し上げます。3月14日月曜日の朝、計画停電で私鉄の駅はシャッターが下ろされ、駅員は説明に追われている。郊外から都心に向かう道路は渋滞で、動く気配さえない。止まったままの車の横を自転車で地下鉄の駅まで1時間弱かけて辿り着いた。被災地の状況を思いながら、ペダルを踏んで走った。

東北地方太平洋沖地震のニュースで仙台市若林区が津波で壊滅状態と報道していた。若林区には仙台卸商団地がある。いろいろな業種の約200社が拠点にしている。機械器具、制御機器、電設資材のメーカー、商社も多数存在する。東北FAショーを10年間開催した馴染みの地である、ここも心配である。

仙台市青葉区に住む友人とは土曜日に連絡が取れた。電気も水もガスも遮断されたまま。電気技術者の彼は納屋からダイヤル式電話器を持ち出し、AC100VでNTT回線に直接つないで電話やFAXを通じるようにした。水は大学の貯水槽からいただき、屋外用のガスコンロで煮炊きをしている。

水戸市内の友人はソーラー発電でTVを見えるようにし、閉鎖の井戸水をバケツで汲み上げるシステムを作り、近所の方々から感謝されている。窮境では知識と知恵が湧き出てくる。個々人の工夫もまた多くの人を勇気づける。もちろん国を挙げての救援が第一で、一刻も早い人命救助を望むのは言うまでもない。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG