FA関連機器商社今年の見通しと取り組み 「徳目追求」で高い文化性を

2011年1月26日

昨年以降、制御機器市場は回復傾向を示しているが、物件あたりの受注金額が少なく、仕事が下請け業者まで回らないケースが出ており、一次店と二次店との差が出始めるなど、二極化現象が顕著になっている。 こうした状況下、弊社では数年前から先を見越した事業戦略の徹底と、顧客とメーカー双方から信頼される技術商社としての強みを発揮した結果、業績は順調に推移しており、今期の目標である売上高150億円、経常利益10億円達成に向かって邁進している。 最近では、リニューアル物件が伸長しているほか、相談物件や新規案件を多数いただいており、技術陣が東奔西走している状態である。今年は下期から設備投資が活発化するものと期待して…