特集新市場を模索するFA・制御機器商社 円高逆手に海外部品扱いへ

2011年1月26日

関東地区のFA・制御機器流通市場も、昨年春以降の市場のV字回復で、久しぶりに明るい新年を迎えた商社が多い。売り上げ、利益とも2桁伸長を見せ、倍増のところも目立つ。逆に言えばそれだけ落ち込みが激しかったことを物語る証左とも言える。 国内は半導体・液晶、LED製造装置やソーラー、EV自動車関連などが牽引した。また、中国を中心とした外需の恩恵も大きい。エコポイントやエコカー減税の改訂や終了に伴う影響も出始めているが、スマートフォンやタブレットPCなどの需要増に伴う電子部品やチップマウンター、小型液晶・有機EL製造装置投資の拡大が見込まれており、少なくとも今年前半はこのままの状況で推移するものと見通し…