FA関連機器商社今年の見通しと取り組み トータル販売で存在価値追求

2011年1月26日

昨年前半は好調に推移していた景気であるが、後半、特に11月頃からやや停滞気味になっており、今年3月頃まではこの状態が続くと思われる。4月以降は抑えていた半導体製造装置、リチウム電池、自動車関連、LED照明、太陽光発電などの設備投資が再開され、やや景況は良くなるのではないだろうか。 当社の2010年の業績も、5月頃から受注が増え始め、前年比40~50%アップで推移した結果、2年続きの売り上げダウンに歯止めが掛かり、ピークの85%ぐらいまでは回復している。11年は大きな期待はしていないが、国内・海外向けの設備投資が見込まれ、昨年以上の業績アップを計画している。 期待の市場は、半導体(LEDを含む)…