FA関連機器商社今年の見通しと取り組み 少数精鋭で付加価値向上

リーマンショックの凄まじい衝撃で世界が不況に陥ったが、輸出に頼る日本は欧米や新興国よりも立ち上がりが遅い。一昨年下半期から製造業も徐々に受注が回復し始め、昨年春ごろには部品不足が表面化した。

当社も売り上げ減少に見舞われたが、昨年10月ごろから上向き出し、12月には今期最高の売り上げまで回復した。半導体製造装置、工作機械、自動車関連業界とのかかわりが小さく、景気浮揚時期が我々の業界平均と比べ約半年遅れて出てくるが、今期は前期比で20数%増加しそうである。

事業部門別では、不況時も落ち込みが少なかったシステム営業、特機営業が40%増加、機器営業も10%増加している。

今年は設備更新の投資が出てくると思う。設備投資の抑制が続き、グローバル競争に勝ち残るには国内も設備投資を再開せざるを得ない。もっとも、海外における投資を優先させる傾向は続くであろう。

当社は、「ファクトリーオートメーション」と「安全・防犯・省エネ」、「設備診断・リニューアル」の3本柱で、企業・街・地域に深く根付く戦略を展開し、不況に強い体質を作っていく。

来期の売り上げ目標は、2桁増を予定しているが、粗利益に主眼を置き、「量」よりも「質」を求める。少数精鋭で1人当たりの価値を向上させる。機器販売だけでは価格競争に巻き込まれてしまう。当社はこれまでに培ってきたシステム技術力を付加する商売を、より一層強化する。

また、お客様とのコラボレーションも推進する。地元の配電制御システムメーカーとの協業を強化しているほか、防爆機器メーカーとは機器単体販売でなく施工も当社が担当し展開している。

地元企業、街、地域に密着することで、お客様との信頼関係をより太くしたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG