新年賀詞交歓会 日本電気計測器工業会

年賀交歓会を東京・丸の内のクラブ関東で6日開催した。

あいさつに立った小野木聖二会長は「当工業会の2010年度売上高は前年度比16・7%増の7176億円が見込まれ、11年度は同8・4%増の7779億円を予測している。

地球温暖化防止のための省エネルギー化、CO2排出量削減は、全世界共通の大きな社会的課題となっており、この中核となるのが日本の計測と制御の技術である。このことは、我々にとって追い風となることは間違いなく、従来から「産業のマザーツール」として、生産性向上、省エネルギーに貢献しながら社会産業の基盤を支えている。

今年の活動としては、10年度で終了する現在の“JEMIMA中期ビジョン"の総括を行った上で、次期中期計画として、(1)エネルギー環境分野への対応政策提言と国際標準化活動強化(2)計測展2011TOKYOを成功に導く企画推進と将来への継続的発展(3)東アジア圏を中心とした国際連携の推進(4)国内外他団体/組織との連携(5)会員数の増強を進めたい」とのべた。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG