新年賀詞交歓会 日本配電制御システム工業会関西支部/関西配電盤工業協同組合

合同新春賀詞交歓会を、大阪市都島区の太閤園で11日開催した。

国歌斉唱のあと、日本配電制御システム工業会関西支部の丹羽一郎支部長が次のようにあいさつを行った。

「坂本龍馬など幕末の志士たちの尽力で日本は近代国家への幕を開けた。明治維新以降、日本はいろいろな経験をしたが、第2次世界大戦終了から66年経過した現在、また新たな曲がり角に直面している。ここで日本が進むべき進路を誤ることがないよう、また、日本の将来に夢を持って語れるよう、我々団塊世代が頑張らないといけないだろう。工業会としても、電気に関わる新しいテーマが次々と出てきており、こうした明るい夢が実現できるよう尽力していきたい」。

続いてあいさつに立った関西配電盤工業協同組合寺田理事長は「今年は卯年だが、卯という文字は門を広く開けるという意味があり、当組合としても時代を先導する心構えで取り組んでいきたい。当業界は新しいテーマがたくさんあるので、我々の長年の経験とノウハウを駆使するとともに、干支のうさぎの耳のようにアンテナを広げチャンスを拡大していきたい。さらに中小企業のネットワークを最大限に利用し技術者集団として対処していきたい」と抱負を語った。

鏡開きの後、大阪府電気工事工業組合橋詰源治副理事長の乾杯の音頭で交歓に入った。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG