分岐点

2011年1月19日

御屠蘇を飲んでそのまま寝入ってしまい、真夜中に寒さで目が覚めた。気温は氷点下近い、あわてて電気暖房を点けた。布団にもぐりこみながら、電気の有り難さをつくづく感じているうち、世の中は何もかもがオール電化になることを確信し、再び起きて備忘録帳に「まさに電気制御の時代到来」と記入した。 電気にも良い電気と悪い電気がある。良い電気にするには、「電気を制御」する高度な送・配電技術が必要である。良い電気を配・分電した後は、電気を効率良く使いモノを動かす「電気で制御」する技術の領域になる。いずれも配電制御システム業界、電気制御業界にかかわり、社会的使命と役割は大きい。 日本は今、高度な豊かさを求める段階開発…