2011年わが社の経営戦略 独自のイノベーション展開

2011年1月5日

昨年は、当社を取り巻く市場環境が予想以上に回復し、リーマンショック以前よりも好調に推移している。国内案件も伸びているが、それ以上に海外からの受注が拡大している。今年も中国や東南アジア、さらに新興国を中心に需要が急拡大することが予想されるので、今年は生産体制のさらなる効率化を推進したい。スクラップアンドビルドが中心となるが、受注状況を見ながら、生産設備の増強も検討したい。 当社の受注が伸長している背景として、ここ数年、積極的に技術開発面、品質管理面、工場管理面などに取り組んでおり、こうした企業姿勢が顧客からの評価と信頼度向上に繋がったのではないか。 フロート、レベルスイッチ市場は、海外市場の伸び…