CC-Link主要各社の重点製品 Ethernetへの対応強化

HMSインダストリアルネットワークスでは、日本だけでなく全世界へCC―Link対応ソリューションを豊富に提供している。

「Anybus
Sシリーズ」や「Anybus
Compact
Comシリーズ」の組込みソリューションに加えて、シリアル対応機器も容易にCC―Linkネットワーク対応機器に変換できる「Anybus
Communicatorシリーズ」、様々なフィールドバスとCC―Linkのシームレスな接続が可能な「Anybus
Xゲートウェイ」など各種CC―Link対応ソリューションを展開している。

全世界ですでに3万案件を超える豊富な実績があり、日々その数は増え続けており、この実績数は同社が対応している様々なネットワークの中でも最上位に位置している。CC―Linkはそれだけ、世界的に非常に重要な実績豊富な産業用フィールドバスとなっている。

また同社では、次世代の産業用EthernetとしてCC―Link
IE
fieldが非常に重要なネットワークになるとして、いち早く対応ソリューションの開発に着手した。2011年初春にはCC―Link
IE
field組込みソリューション「Anybus―S
CC―Link
IE
field」を正式にリリースする。

今後もCC―Linkファミリーの世界的な発展を期待し、対応ソリューションを強化していく。
(http://www.anybus.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG