設立10周年を迎えたCLPA パートナー会員数1500社突破目前

日本“発&初"の機器制御システムと情報システムを統合したオープンフィールドネットワーク「CC‐Link」が今年で10周年を迎えた。

「CC‐Link」の普及推進団体として2000年11月に設立されたCC‐Link協会(CLPA、会長=関口隆横浜国立大学名誉教授)は、産業用ネットワークの「グローバルNo.1」達成を目指し、新たなスタートを切っている。

関口会長は今後のCC‐Linkへの期待について、「ユーザーがコストを抑えながら、短期間で生産システムの標準化を図るためには、PLCとネットワークの標準化が重要で、しかもデファクトスタンダードでなくてはいけない。CC‐Linkはその目的達成に向けて着々と進むとともに、省エネも視野に入れるなど新しい分野にもチャレンジしている」と語っている。

CLPAはこの10年間、「グローバルNo.1」を目指して積極的な普及活動を進めてきた。

01年4月に、北米、欧州、アジアなど海外6拠点に支部を開設して普及に取り組み、パートナー会員数は10年9月現在で1,416社(うち海外は882社で全体の62%)と順調に増やしてきており、10年度末には1,500社に到達する見込みである。またパートナーによる対応製品数は、10年9月現在で1,100機種に達し、パートナー会員(ベンダー)におけるビジネスチャンスと、ユーザーにおける製品選択肢が拡大・向上している。【図1】

さらに、CC‐Link対応製品の出荷数の伸びも順調で、09年度末で累計705万ノード、10年度末には800万ノードを突破する見込みである。【図2】

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG