タカハタ電子 セル生産方式に対応生産管理表示機を発売

2010年12月1日

タカハタ電子(山形県米沢市窪田町窪田1188、TEL0238―36―0099、安房毅社長)は、セル生産対応の小型カウンティングディスプレイ「TK―160H」=写真=を発売した。

TK―160Hは、セル生産方式にマッチした小型設計で持ち運びに便利なのが好評。

外部からの信号でスタート・ストップができる。数値表示は50×25ミリと大きく、赤色LEDにより見易くなっている。

このほか(1)6入力が可能で、合算した値を表示(2)取り付けが簡単(3)問題把握に役立ち生産効率アップに貢献、などの特徴を持っている。

主な仕様は次の通り。

▽最大カウント数=9999▽タクトタイム=0・1~999・9秒▽電源電圧=AC100V▽消費電力=10W▽寸法=276×224×45ミリ▽重さ=2・4キログラムと軽くなっている。