Faセンサ主要各社の重点製品 受光感度向上で長距離検出レーザ式測域センサ「UXM-30LN-P」北陽電機

2010年11月24日

北陽電機は、受光感度をアップさせ、長距離・高感度検出を可能にしたレーザ式測域センサ「UXM―30LN―P」を好評発売中である。

UXM―30LN―Pは、受光感度をアップさせた高感度のレーザスキャナセンサ。パラレル3点出力タイプで、設定エリア内の検知物の有無を出力する。計測範囲は0・1~30メートル×190度で、長距離・高感度検出を可能にした。黒色検出性能を大幅に改善し、黒色ボディ車も確実に検出する。

ON/OFFディレイ設定で、速い動きの物体のキャンセルが可能。

近距離不感帯領域設定機能で埃や汚れなどを検出せず、最小検出物設定機能で小動物や枯葉などを検出しない。

作成したエリア16種類が登録でき、入力により切り換え可能。

故障出力と3点の出力を搭載。米国FDAレーザークラス1に適合。立体駐車場の車両はみ出し検出や、ループコイル代わりの車両検出など、様々な用途に使用が可能である。
(http://www.hokuyo‐aut.co.Jp)