東京エレクトロンデバイスなど4社「新世代M2Mコンソーシアム」を設立

2010年11月24日

東京エレクトロンデバイス(栗木康幸社長、TED)、日本オラクル、マクニカ、日本電気の4社は、「新世代M2Mコンソーシアム」を15日設立した。理事会の会長には、東京大学先端科学技術研究センターの森川博之教授が就任した。

「新世代M2Mコンソーシアム」は、M2M(Machine
to
Machine)分野で、通信とITを用いて様々な業種・業界の連携による安全かつ豊かなM2Mネットワーク社会の実現を目指している。

参加を表明している企業数は、現在22社。

組織は、方針または、活動計画を立案・運営する「理事会」と、コンソーシアムの実活動を行う「ワーキンググループ」より構成されている。

主な活動内容は、参加企業・メンバーのM2Mに関する情報交換、コンソーシアムでの関連省庁へのM2Mの提案及び実証実験等への参画、M2Mサービス実現のための機器の接続方式とデータ形式等のインタフェースに関する整合と統一、M2Mに関する産学協同、コンソーシアムでの各種展示会・セミナー等への参画によるM2Mに関する市場の活性化の活動、各種の産業または環境でのM2Mに関する課題・問題の解決など。