日立制作所と東洋電機製造鉄道事業で業務・資本提携両社の強み活しかし海外事業を拡大

2010年11月10日

日立製作所と東洋電機製造は、海外向けの鉄道車両用電機品事業で業務・資本提携した。 業務面で両社のリソースを活用しながら、海外案件に対し、システムの取りまとめの分担や製品の相互供給を行っていくほか、製品設計・開発の分担も検討していく。また、海外案件向けの外部調達資材の共同購買や共同開発を行うことにより、システム競争力の強化、海外事業の拡大を図る。 提携の一環として両社で株式を持ち合い、日立は東洋電機の自己保有株210万株(発行済み株数の約4・5%)を第3者割り当てにより1株340円(総額7億1400万円)で11月11日に取得する。 東洋電機も日立の株210万株(同約0・046%)を来年3月31日…