サンセイテクノス代表取締役社長浦野英幸インフラ完了、顧客層拡大へ

サンセイテクノスは「顧客感動」を長期テーマに掲げ、関西を中心とした専門技術商社として高い地位を築いている。

また、毎年策定しているサブテーマとして今年は「教養育成」を掲げ実行に移している。

立派な企業人を目指すには教養を備え、深みのある人間を育成することが基本であると捉え、単なる知識だけでなく、知恵や文化的な要素も含めた総合的な人材の育成を行っている。

また、技術商社として顧客に的確な技術を提供するとともに、堺市にあるファームでの農作業などを通じ、ものづくりの大切さを体感したり、生態系を守るなどの企業活動も念頭に置いている。

同社は昨年、中期経営計画の大きな柱である新物流センター竣工と、基幹システムの再構築を成し遂げた。

新物流センターは、敷地面積約3000平方メートル、延べ床面積約5300平方メートルと広大なもので、50億円分の在庫が可能なことから、同社の中核基地として最大限に機能を発揮している。

また、基幹システムとの相乗効果により、ユーザーの細かな要望にも対応できる体制を整えている。

インフラ関連の構築を完了したことから、同社では営業活動をさらに活発化させている。

最近では、純粋な制御分野のみならず、機工系やメカトロ系の案件も多数取り扱うことから顧客層が拡大している。

また顧客層の拡大に伴い、価値ある横の繋がりも強化されている。

一方、静かな佇まいが特徴の多目的施設「至誠庵」は、迎賓館・会議室・研修会場として活用の場が広がっている。
(http://www.sanseitechnos.co.jp)

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る