大和無線電機代表取締役社長堀内覚国内外のあらゆるものづくりを支援

大和無線電機は1948年設立で、今年で創業62年を迎えた。電子部品からFA機器まで幅広い製品領域を取り扱っており、仕入先、販売先との信頼関係も厚い。

現在、東京・湯島の本社を中心に、関東地区に4カ所、大阪に1カ所の営業拠点、本社と埼玉に物流センターを構える。また香港に現地法人「DITEC」を、中国・深圳、台湾、シンガポールに連絡事務所を設置して、国内、海外をシームレスに連携したきめ細かな製品供給体制を構築している。

今年9月には本社内に「DITEC
JAPAN」部門を設け、海外メーカー製品の日本市場への紹介と、中国など海外市場での日系メーカーへの販売を強化した。海外製品の品質向上と円高の進展などで、日本市場で海外製品への関心が日増しに高まっていることに対応したもの。

同社が常に窓口となってサポートすることで、仕入先には販売促進支援、販売先へは製品品質と納期管理などを行うことで、責任を持ったスムーズな製品流通を図っている。

同社は“商社のコンビニ"を目指し、「1個でも1万個でも必要な時に、必要な場所へ、必要な技術(商品)を提供する」という経営姿勢を掲げているが、こうした体制を支えているのがダイヤモンド・フォーメーションと呼ぶ社内チームの連携で、国内はもちろん海外でも安心して取り引きできる。

同社は、今年度の全社テーマとして「FULL
SWING」を掲げている。環境、省エネ、社会インフラなどの市場に向けて、小型・軽量・強靭・柔軟な組織運営で、日本企業の国内外でのものづくり支援に貢献している。
(http://www.daiwa‐musen.com)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG