各社のFA関連製品 信明電機回転型トルクセンサー新機構で微少トルク検知

信明電機はDCソレノイド、オプトセンサー、発振型センサー、トルクセンサー、オートロックブレーカなどを製造販売している。

トルクセンサーは、歪みゲージを検出部に応用したセンサーであるが、検出母材に独特の処理を施し新機構(特許申請)の採用により推力の影響を減らし微少トルクの測定を正確に検知できる。そのため、歪みゲージ方式では困難であった微少トルク測定、品質管理・工程管理にも採用され好評である。

種類は、回転型と静止型がある。

回転型トルクセンサーは内蔵モータで被測定物を回転させ、発生するトルクを検出するもので、検出部にスリップリングを使用していないため精度が安定し、メンテナンスの簡略化を実現。DMシリーズとアンプ内蔵のDMPAシリーズを揃えている。

静止型トルクセンサーは、超小型・軽量のSSMシリーズとアンプ内蔵のSMPAシリーズがある。
(http://www.avis.ne.jp/〓shinmei/)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG