コンテック新書サイズの省スペース実現ファンレスのボックスコンピュータ発売

2010年10月13日

コンテック(漆崎栄二郎社長)は、インテルの省電力CPU AtomTMプロセッサを採用し、ファンレスで新書サイズという省設置面積を実現した組み込み用パソコン「ボックスコンピュータ」ブランドの最小・最軽量新シリーズ「BX200シリーズ」=写真=を11月1日から発売する。搭載CPU(Z510P/Z530P)、ビデオ出力(アナログRGB/DVI)、OS(CFカード)あり・なしの計標準8モデル。本体価格は5万8000円から。 BX200シリーズは、省電力CPUプロセッサZ510P/Z530Pを採用、ファンレスで新書サイズ(178ミリ×115ミリ×29ミリ)という省設置面積を実現したウルトラスモールサイズ…