省エネで日本の製造業を応援 三菱電機が「e&eco-F@ctory」を推進エネルギー情報活用で「生産性向上とコスト削減」を両立

2010年9月29日

地球温暖化防止に向けて、二酸化炭素(CO2)の排出削減など企業の省エネ化への取り組みが強まっている。しかし、従来の省エネ化はどちらかと言えば、企業としての社会的責任感や義務感で取り組まれている面も強く、コストアップを危惧する声も聞かれる。三菱電機は、FA機器の総合メーカーとして生産設備分野から建屋・受配電分野まで幅広い製品群をそろえているが、これらで培ったノウハウを基にして、工場内のエネルギーコントロールに積極的に取り組むほど生産性が向上し、企業の利益向上にも繋がる省エネ提案活動を推進しようとしている。すでに、同社の名古屋製作所や福山製作所でその効果を実証しており、工場(生産設備)に対するエネ…