オータックス 新社長登場 グローバル視点で強みを発揮社員と一心同体で荒波にチャレンジ

2010年9月29日

「オータックスグループ3000人余りの社員を預かることへの責任の重さを感じる」―。 10月1日付けでオータックス(横浜市港北区新羽町1215、Tel045―543―5621)の新社長に就任する富田周敬副社長は、笑顔を見せながらも緊張感は隠せない。1974年の創立以来、36年間専務・社長を務めてきた飯塚庄平社長の後を、46歳とふた回り若い富田副社長が継ぐ。「業界内での飯塚社長への人間的な信頼感は厚いものがあるが、色々な面でその力を借りながら早く近づけるようになりたい」。 富田新社長は95年に同社に入社したが、その年に同社が中国での生産拠点として設立した欧達可電子(中国オータックス)の現地責任者と…