Pepperl+Fuchs社 シーメンスのセンサ事業譲受越音波センサなどで機種充実

2010年9月29日

ドイツのオートメーション用センサと本質安全防爆用制御機器メーカー、Pepperl+Fuchs社は、7月1日付けでドイツ・Siemens社のセンサ事業の一部を譲受したことに伴い、日本でも日本法人のピーアンドエフ(横浜市緑区白山1―18―2、Tel045―939―7802、太田階子社長)が、日本のシーメンスから事業譲渡を受け、販売・サービスを開始した。 事業移管されたのは、シーメンスの光電スイッチ、近接スイッチ(高周波式)、超音波スイッチなどの近接センサ「SIMATEC PXシリーズ」。これによって、同社のセンサ群はさらに品ぞろえが強化されたが、中でも超音波センサの「SIMATEC PX/BERO…