Faセンサー主要各社の重点製品 東研ダイレクトマーキングイメージャー「THIR-6200DDM/HD」 再高セルサイズ0.04ミリ対応

自動認識システム大手の東研は、スキャナーで世界最大のラインナップを誇っている。開発に積極的に取り組み、ダイレクトマーキングイメージャーTHIR―6200DDM/HD、ダイレクトマーキング用固定式2次元イメージャーTFIR―3171、ハンディターミナルTBR―6020、ロングレンジスキャナー、近接レーザスキャナーなど新製品を発売(近日発売含む)した。

新発売のダイレクトマーキングイメージャーTHIR―6200DDM/HDは、セルサイズ0・04ミリと業界最高の分解能(HDタイプ)を備えている。標準分解能タイプは0・125ミリ。

ワイドビューウインドウにより、従来捉えられなかった小さな2次元コードも読み取れる。ラバーブーツ採用で衝撃にも強い。

また、独自のDDMで基板、金属、液晶など様々なワークに合わせて自由な照明設定が可能。インテリジェントモードとイージーセットアップソフトウェアで設定が簡単であり、面倒なチューニング作業をしなくて済む。
(http://www.tohken.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG