オムロン SSMの実証実験開始 工場へ応用し環境負荷低減へ

2010年8月25日

オムロンは、センサー同士が自律的に協調し、利用者に最適な情報・価値を提供するセンサーネットワーク社会の実現に向け、キーデバイスである「スマートセンシングモジュール」(SSM)の実証実験を開始した。 大幅なCO〓排出量削減を可能にするSSMの開発を進めると同時に、実証実験を通じプロセス系工場全体で大幅な環境負荷低減を実現するノウハウの獲得を進め、工場においてエネルギー利用の「全体最適」化を目指す。 同社は、環境に優しく人々が安心・安全・健康で創造的な活動が楽しめる社会の実現を目指し、センサーネットワーク構築に向けた技術開発を行っている。センサーネットワークとは、同社のセンシング&コントロール技術…