ボックス・ラック 主要各社の重点製品 河村電器産業 小規模LAN用機器収納用 「軽施工HUBボックスKHB」 1人で簡単で取り付け可能

電設機器大手の河村電器産業は、キャビネット・ボックス、ラックで積極的に新製品を発売している。小規模LAN用機器収納用の「軽施工HUBボックスKHB」もそのひとつで、省施工の実現により1人でも簡単に取り付けできることから好評である。

天井や壁面のコーナーにピッタリ付けての設置が可能で、ボックスを180度回転させて設置することもできる。側面ドアにはファスナーを採用しており、ワンタッチで開閉が可能で、機器配線後のドアもしっかりロックする。また、ピボットヒンジのピンをスライドすることで簡単に着脱できる。

マウントアングルの上下に大容量のケーブルホルダーが装備されており、ケーブル入口を手前に設けており、ケーブルをまとめて収納できる。

可動式マウントアングルは、機器を取り付けた後でも位置調整が行え、奥行きのある機器の設置時に便利である。

その他、(1)コンセントやメディアコンバータなど、ラックマウントではない小型機器をまとめて取り付けできる大型木板ベースを標準装備(2)ワイドな開口により、どこからでもケーブルの出し入れができる穴加工が不要なスポンジを入線部に採用(3)正面扉ファン付きと側面パネルファン付きをラインナップ―などの特徴がある。
(http://www.kawamura.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG