オプテックス 米国ファイバー・センシズ社を買収 北米市場開拓など事業拡大

2010年8月18日

防犯・自動ドア用センサメーカーのオプテックスはこのほど、米国内に100%出資の子会社を設立し、同子会社が光ファイバー侵入検知システムの開発・製造の米国ファイバセンサメーカー、ファイバー・センシズ社(本社・オレゴン州)を買収して、北米市場開拓やハイエンド防犯システムなどの事業拡大を図る。 フ社の主力製品である光ファイバーセンサは、主にフェンスに設置する侵入検知センサで、侵入場所を瞬時に検出する高機能センサ。これまで政府・軍関係施設のほか、電力施設や石油・天然ガス施設、化学工場など重要施設の警戒用途として活用されており、世界トップクラスの豊富な実績を残している。2009年12月期の売上高は487万…