デジタル 工場内の表示器を遠隔監視 製造現場診断システムバッケージ発売

デジタル(大阪市住之江区南港東8―2―52、〓06―6613―1101、大谷宗宏社長)は、タッチパネル付き表示器を離れた管理PCで遠隔監視できる製造現場診断システムパッケージ「DOCTORGP」(ドクタージーピー)を発売した。標準価格は上位キット8万8000円、端末キット4万8000円。初年度に上位キット100セット、端末キット400セットを合わせて500セットの販売を見込む。

DOCTORGPは、同社のタッチパネル付き表示器(GP3000)を、工場の生産技術者や設備管理者が、事務所から簡単に集中監視することができるシステムパッケージ。

これまで現場でエラーが発生した場合、PLCなどのコントローラを中心とした設備環境では、PLCに繋がっているインバータ・サーボ・温調計など各種制御機器がエラー表示されていても現場に行って、それぞれの機器のエラーコードを調べないと原因が特定できなかった。

DOCTORGPは遠隔管理ができるのでエラー発生時に、そのつど生産現場に出向いて復旧作業や状況把握をする必要がない。生産技術者や設備管理者は、遠隔から現場のシステムや装置全体の稼働状況を把握し、インバータ・サーボ・温調計などのエラー内容を特定できる。

また、映像録画もでき、原因特定がしやすくなり早期復旧が図れる。さらに、現場作業者の誤操作の解明と対策が打てるように、いつ、誰が、どのような操作をしたかなどの記録が自動的に取得され、作業手順の標準化が行える。

生産技術者や設備管理者の約80%が、手間と時間が必要だとしているアラーム原因の特定に時間がかからなくなり、管理室から現場に出向く必要もなくなるので、現場のダウンタイムが平均約50%以上短縮でき作業効率がアップする。

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る