急速に拡大する雷害対策機器市場 温暖化などの影響で落雷発生が増加 期待高まる太陽光発電向け需要

2010年7月21日

気候の温暖化など様々な要因により落雷が増加、電子機器などが被害を受けるケースが増えており、雷害対策機器の市場が急速に拡大している。建物の通信設備に電圧異常を起こす誘導雷の被害額は、年間約1000億円を超えており防雷・避雷へのニーズ、対策意識が年々高まっている。雷害対策機器メーカーでは雷雨日数と雷被害数の関係を分析するなど、落雷に対する研究を深めているほか雷保護技術セミナーを開催するなど、雷害対策機器のPR・啓蒙活動が活発に行っている。また、NTTや電力会社が落雷情報についてメールサービスを行うなど、一般市民に向けての落雷情報の提供も増えている。市場が急拡大している太陽光発電システム向けの雷害対…