NO IMAGE

急速に拡大する雷害対策機器市場 温暖化などの影響で落雷発生が増加 期待高まる太陽光発電向け需要

気候の温暖化など様々な要因により落雷が増加、電子機器などが被害を受けるケースが増えており、雷害対策機器の市場が急速に拡大している。建物の通信設備に電圧異常を起こす誘導雷の被害額は、年間約1000億円を超えており防雷・避雷へのニーズ、対策意識が年々高まっている。雷害対策機器メーカーでは雷雨日数と雷被害数の関係を分析するなど、落雷に対する研究を深めているほか雷保護技術セミナーを開催するなど、雷害対策機器のPR・啓蒙活動が活発に行っている。また、NTTや電力会社が落雷情報についてメールサービスを行うなど、一般市民に向けての落雷情報の提供も増えている。市場が急拡大している太陽光発電システム向けの雷害対策機器も各種の製品・システムが開発・発売され、大きな市場に育ちつつあり今後、急速に成長することが予想され動向が注目される。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

オートメーション新聞をはじめ、弊社が発行している産業用ロボットナビ、IoTナビ、制御盤ナビほか、お試し版のPDFを無料で差し上げます。ご希望の方は下記よりお問い合わせください

CTR IMG