特集ロ-タリーエンコーダー主要各社の重点製品 汎用コンパクトでローコスト実現ロータリーエンコーダ「48Tシリーズ」ネミコン

ネミコンは、40年の歴史を誇る産業用ロータリーエンコーダの国内トップブランドで、φ12ミリの小型から高機能・高分解能型まで幅広い機種を取りそろえている。また、顧客の各種カスタム要求にも、技術力とフレキシブルな生産対応力によって長年培った強みとなっている。

昨年4月より、米国先端技術系企業アバゴ社の一員となり、その半導体技術・電子回路技術・光学系技術を取り入れたローコストのロータリーエンコーダの開発に共同で取り組んでおり、このほど発売した「48Tシリーズ」は、その共同開発の第一弾製品。

外径48ミリ、高さ33・3ミリのコンパクト設計、堅牢なダイキャストハウジング、1回転2500パルス・6信号形と応用範囲の広い汎用タイプ仕様で、しかもアバゴグループの海外生産で低価格化を実現している。

また、応答周波数は、200KHz、〓20℃~〓85℃と広い使用温度範囲で安定した出力特性を発揮する性能も大きな特徴。

なお近日、新製品として、磁気式でステンレス製の耐環境性に強いエンコーダと、防爆タイプのエンコーダを発売する。
(http://www.nemicon.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG