特集ロ-タリーエンコーダー主要各社の重点製品 汎用コンパクトでローコスト実現ロータリーエンコーダ「48Tシリーズ」ネミコン

2010年7月7日

ネミコンは、40年の歴史を誇る産業用ロータリーエンコーダの国内トップブランドで、φ12ミリの小型から高機能・高分解能型まで幅広い機種を取りそろえている。また、顧客の各種カスタム要求にも、技術力とフレキシブルな生産対応力によって長年培った強みとなっている。 昨年4月より、米国先端技術系企業アバゴ社の一員となり、その半導体技術・電子回路技術・光学系技術を取り入れたローコストのロータリーエンコーダの開発に共同で取り組んでおり、このほど発売した「48Tシリーズ」は、その共同開発の第一弾製品。 外径48ミリ、高さ33・3ミリのコンパクト設計、堅牢なダイキャストハウジング、1回転2500パルス・6信号形と…